So-net無料ブログ作成
音楽、コミック ブログトップ

集中力皆無 [音楽、コミック]


 南関東は、はっきりしない天気が続いています。週末にはまた雨が降るとか・・・天候のせいもあって体調が悪く絵を描く集中力が持続しません。

 こういうときはBGM!と思って、abingdon boys schoolの『Nephilim』、Rie fuの『ツキアカリ』、それからCoccoのアルバム『ザンサイアン』を立て続けに買ってきて聴いてみました。一番よかったのは、a.b.s.で、スケールの大きいバラード調の曲は、「翼」と歌詞にあるように、羽をはばたかせるようにイメージがぐぐっと広がり、聴いていてものすごい高揚感がありました!うまいなぁ、西川君・・・。この前の『Howling』の音の激しさ、歌詞の色っぽさはもちろんモロ好みですが、バラードの王道をいく今回の曲も大好きです!
 『ツキアカリ』はとてもしみじみとしたラブソングなのですが、やっぱり『Darker・・・』のEDパージョンで聞きなれてしまったせいか、盛り上がるタイミングを外して、あまり感動できなかったのが少し残念です。そして、久しぶりのCoccoは何故か聴いていて途中で眠ってしまいました。・・・お恥ずかしい限りです。単に疲れていただけなのかもしれませんが、活動停止前に比べると少し角が取れたような気もします。相変わらず歌詞は強烈ですごいと思うのですが、なんとなく全体的に棘が足りないというか。『樹海の糸』のようなセイレーンのごときうたごえを期待するのは少し贅沢なのかもしれませんが。

 うだうだしながらなにげなく読んだ、波津彬子の英国シリーズ『空中楼閣の住人』は思った以上に素晴らしくて心が癒されました。はるか昔に妖精の世界にさらわれた美しい女性と骨董を商うへんくつ男との愛が軸となって、まるで繊細なタペストリーのように愛すべき物語がつむがれていきます。昔ほど緻密に描き込んだ絵ではありませんが、その美しさが変わらず健在なのは嬉しいですね。

 画像はツインテールを解いたみんつくさんです。やっぱりこの方、カフェオレさんに似ていますね。
 洋服はDCR4のボーダー柄のカットソーと短いパンツです。また本の通りの組み合わせってことで、デニムジャケットも縫ってみたのですが、縫い目が雑であえなく失敗してしまいました(泣)。そこで、右手に持たせてカモフラージュしています(汗)。
 頭のオレンジ色のサングラスはクールホワイトさんから、バッグはバニラさんから拝借。これからお出かけという雰囲気が出ていればいいのですが・・・。ちなみに背景は机の上に置きっぱなしのリーメントです(笑)。
 デニムジャケットは、最愛デニムさんのとまでいかなくても、もうちょっとマシになるよう再挑戦してみたいです。

Nephilim

Nephilim

  • アーティスト: abingdon boys school
  • 出版社/メーカー: ERJ(SME)(M)
  • 発売日: 2007/07/04
  • メディア: CD


HOWLING

HOWLING

  • アーティスト: abingdon boys school, 西川貴教
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2007/05/16
  • メディア: CD


空中楼閣の住人

空中楼閣の住人

  • 作者: 波津 彬子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/03/25
  • メディア: コミック


音楽、コミック ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。